Activity

2018/04/09

Activityは、Androidアプリにおけるアプリ画面のクラス・・・。

Activity | Android Developers

Activityの説明というよりも、今回はAndroidアプリ作成の基本から・・・。
ADTのEclipseの場合は、

f:id:BG1:20160212170902p:plain

[File]-[New]-[Android Application Project]を選択・・・。

f:id:BG1:20160212170946p:plain

今回はActivity_プロジェクトという名前でこんな感じで・・・。

f:id:BG1:20160212171021p:plain

デフォルトで・・・。

f:id:BG1:20160212171031p:plain

デフォルトで・・・。

f:id:BG1:20160212171051p:plain

今回はシンプルに[Empty Activity]で・・・。

f:id:BG1:20160212171147p:plain

MainActivityで・・・。

これでプロジェクトはできるのだが、[Package Explorer]に"!"とか"×"マークが付いてるかもしれないので、手動で再ビルドする・・・。

f:id:BG1:20160212171305p:plain

[Build Automatically]のチェックを外して、

f:id:BG1:20160212171400p:plain

で、

f:id:BG1:20160212171518p:plain

[Clean]を押すと、

f:id:BG1:20160212171704p:plain

[Start a build immediately]にチェックが付いてるので外して、

f:id:BG1:20160212171804p:plain

[OK]を押す・・・。これでクリーンされる・・・。

そして、

f:id:BG1:20160212172233p:plain

[Build All]でもう一度全てビルド・・・。

この流れを、"!"とか"×"が消えるまで繰り返し行う・・・。

で実行は、

f:id:BG1:20160212172541p:plain

緑の再生ボタン("Run As..."と出てる)を押して、

f:id:BG1:20160212172613p:plain

"Android Application"を選択・・・。

f:id:BG1:20160212172656p:plain

エミュレータが起動したら、

f:id:BG1:20160212172733p:plain

右にスライドして、ロックを解除・・・。

f:id:BG1:20160212172830p:plain

まだ起動していない・・・。

しかし、

f:id:BG1:20160212172907p:plain

しばらくすると、"Hello world!"が出る・・・。

しくみをざっと軽く説明・・・。

アプリのメイン画面のプログラム部分・・・。
アプリ画面クラスActivityの派生クラスとしてMainActivityが定義されていて、これのonCreateがエントリポイントになっている・・・。
R.layout.activity_mainは、このMainActivityのレイアウトが定義されているリソーステンプレートを指している・・・。
それをsetContentViewすることで画面に出している・・・。

R.layout.activity_mainはどこにあるかというと、

f:id:BG1:20160212173257p:plain

Activity_/res/layout/activity_main.xmlにある・・・。

ここで画面レイアウトを決める・・・。
とりあえずは、TextViewタグの中にhello_worldってのがあるのだけ見ていればいい・・・。

で、このhello_worldってのはさらに、

f:id:BG1:20160212173457p:plain

Activity_/res/values/strings.xmlが定義元・・・。

この"Hello world!"を表示している・・・。

でapp_nameも"Activity_"が定義されている・・・。
これは、

f:id:BG1:20160212173710p:plain

アプリのさまざまな設定を定義しているAndroidManifest.xmlに何箇所かあって、そこに反映される・・・。

ざっとこんな構成・・・。
というわけで、とくに編集しなくても"Hello world!"が表示できてしまったわけ・・・。

Sample/MainActivity.java at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/activity_main.xml at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/strings.xml at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/AndroidManifest.xml at master · bg1bgst333/Sample · GitHub

f:id:monsan3489:20161122141312p:plain

私はFPSがちょっと苦手なんで

マルチはあまり遊んでいないんですが

上手い人の動画とか

手の動きどうなってんの?って

感じですよね(´・ω・`)

撃ち合いの動画ですので

苦手な人は別の記事へどうぞ


少しずつ強化されていく
敵の50回に及ぶ波状攻撃から耐え抜くことが目的。


傭兵やハンター、スナイパーなどの
様々な敵が10種類のマップに次々と現れ、
10ウェーブごとにボスキャラが登場する。


ソロから最大3人でプレイ可能。


敵を倒したりミッションを
達成することで獲得できるゲーム内通貨を使って、
新しいアイテムやギアをアップグレード可能。


何らかのきっかけで「アクティブ・モブファイアー」
と呼ばれるイベントがスタートし、
一定時間ピストルしか利用できなくなったり、
ヘッドショットやメレーアタックのみが
キルにカウントされるなどのチャレンジが発生する。


高難度でフィニッシュしたプレイヤーには、
さらに難しい「Crush」がアンロックされる。

↓↓↓皆様のお役に立てればぜひ↓↓↓

↑↑↑登録よろしくお願いします↑↑

応援ポチよろしくです( *´艸`)

ゲームランキングへ

14日遅れで。

2018/04/09

f:id:kurukurupanpan:20111114061835j:image

例年より14日遅れで、
ようやく雪降りましたなぁ〜。

写真は、今朝6時のもの。

いまの仕事を始めて、
毎日早起きで5時半には起きているんだけれども、
これがまた最高に楽しいのよ〜。


今まで、どっちかというと、
午後から夜にかけてが仕事だっただけに、
早朝の出勤は何もかも新鮮で朝っぱらから幸せ度がババーンです。


f:id:kurukurupanpan:20111114063049j:image


今日で5日連勤終了!もう幸せ!
5日連続働けて幸せ!幸せ!!!

それでも、
警戒してても、
ちょっとした隙に発作がでたりするから、
まだまだだなぁー自分と痛感させられたり。
だからこそ、頑張らねば!
身体に負担かけさせすぎないように、
少しでも身体に慣れてもらえるように、
上手に病気と向き合わねばねば。

注目のアニメ

2018/03/10


 「電脳コイル」が面白いらしい・・・?キャラは激しく萌えですが。
 NHKアニメワールド:電脳コイル

 よくみたら、声優さんが・・・。

 ヤサコ:折笠富美子
 イサコ:桑島法子
 京子:矢島晶子


 私の好きな声優さんを固め打ちしてくるとわ・・・。名前見るだけで御飯3杯はいける!!!ふう、、、NHKおそるべし。
 

 ちょうど明日午後3時に1〜5話まで一挙放送するらしいので。アニメ視聴&実況復帰の第一歩にしてみようと思います。


 あと、なんとかwiiの2人対戦できるスペースを確保しました。あとは人が来るのを待つだけヽ(´ー`)ノマンセー

こんにちは(^^)

3月の中旬に入りましたね。
引っ越しや新しく仕事を始める人、新たな出発や挑戦をしたくなる時期ではないでしょうか。

心機一転してイキイキと活発に過ごしたいものです。

ところで皆さんは、紫色といえば何を想像しますか?



私は「ぶどう」が先に思い浮かびます。
・なす
・ブルーベリー
・アサイー
・ブラックベリー
など
他にも意外な紫色があります。


今回、ご紹介するコチラ↓を新たな習慣にして取り入れてみてはいかがでしょうか??(^^)

紫の一日一糀 玄米とハトムギの生甘酒
f:id:miretoku333:20170324125949j:plain
[ 石川県 株式会社ヤマト醤油味噌 ]
玄米のうち5割は紫黒米
紫色は、紫黒米のアントシアニン色素
原材料名 : 米こうじ、玄米、殻付ハトムギ
内容量 : 140ml
値段 : 350円
f:id:miretoku333:20170324130307j:plain
生甘酒で常温タイプの「玄米甘酒」です。
ハトムギの香りとコク、とろみが少し。
クエン酸の酸味があり、好きな人は好きかもしれません。

甘さ : ★☆☆☆☆
酸味があるので、後味のコクが少し甘く感じるくらい。
お米の粒々度 : ☆☆☆☆☆
細かい粒なので、気にせず飲めます。

購入場所 :
秋葉原 日本百貨店しょくひんかん
有楽町 石川県アンテナショップなど

●紫黒米
→玄米より6倍の食物繊維があり、
視力増強や肝機能強化作用も。
アントシアニンは、ポリフェノールの一種でポリフェノールも豊富です。
●ハトムギ
→白米より6倍の必須アミノ酸があり、
肌荒れや乾燥肌の改善、美肌効果、
むくみの解消などあります。

酸味が苦手な方は、野菜や果物のスムージーやお酢の代わりにドレッシングとして取り入れるのも手だと思います。

あまざけsmileをたくさん
糀八みれ

 シスメックスはモンゴルの保健・スポーツ省と感染症検査の精度向上を目的として、「外部精度管理」や「基準検査室」の構築を支援する契約を結んだと発表した。契約は3月11日付で締結。期間は2017年6月30日までで、これ以降は3年ごとに契約を更新する。モンゴル政府が定める検査室に対し、シスメックスの全自動免疫測定装置を設置する。

  外部精度管理とは、検査の精度向上を目的に多数の臨床検査室に対して模擬検査を求め、結果を評価すること。基準検査室は、モデルになる臨床検査室のことをそれぞれ指す。シスメックスはこれまでもモンゴルの検査室で血液検査や生化学検査の精度向上や基準検査室の構築に共通してきたが、感染症の分野でも支援する。

 モンゴルは過去10年間、実質GDP成長率が平均で9.2%と高成長が続く。これを受けて政府はインフラ整備や医療水準の向上を進めており、この一環で感染症検査の精度を高める取り組みにも動いているという。

20 ANTICIPATING JAPANESE ARTISTS of 2017

 

 BBC「Sound Of」シリーズのノリで、日本の音楽シーンにおける2017年期待の若手アーティストを20組、僕なりの感覚で選んでみました。このあたりの人達が2017年を盛り上げてくれそうだなという予測と希望的観測を織り交ぜつつ。だいぶ偏ってると思いますし「この人若手?」と思われる方もいるかもしれませんがお許しください。あと、ここにいない今年オススメのアーティストいましたらぜひとも教えていただきたいです。ではでは、紹介していきます。

 

 

 

1. Suchmos

http://pbs.twimg.com/media/Cks1GCMUkAEhV-X.jpg

 はい、いきなり有名どころを選びました。ご存知の方も多いでしょう、Suchmos(サチモス)です。かねてからジャパニーズ・インディ界隈では有名なバンドでしたが、昨年「STAY TUNE」がCMソングとして起用されたことでお茶の間層にまで名前が浸透しつつありますね。YouTubeの再生回数も1000万回の大台を突破しています(すごい)。そんな乗りに乗っている彼等ですが、1月25日にニュー・アルバム『THE KIDS』をリリース。このアルバムによって彼等はより多くのリスナーに認知されることでしょうし、後のシーンにどのような影響を与えるのかまで含めて非常に興味深い、2017年の重要作になりそうです。

http://www.suchmos.com/wp/wp-content/uploads/2016/12/40fe3264bcd7d8b6102aff1e9dc8ec25-e1481257131711.jpg 

 

 

 

2. Nalbarich

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http://cdn2.natalie.mu/media/1608/0816/extra/news_header_Nulbarich_art201608.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 Suchmosのブレイクで和製アシッド・ジャズの気運が高まっていますが、そんななかで昨年、マルーン5に通じる軽妙さを持って登場したNalbarich(ナルバリッチ)にも注目したいです。ビジュアル・ファッション性をキャラクターに組み込んだSuchmosとは違う、謎に包まれた覆面スタイルは大衆にどう映るのか、また、SuchmosやNalbarichは、現在飽和状態にあるシティポップのムーヴメントにどういう影響をもたらすのか(さらにブームを拡張させるのか、止めを刺すのか)。そのあたりの動向も気になるところ。

 

 

 

3. FIVE NEW OLD

http://fivenewold.secret.jp/wp-content/uploads/2013/06/five-new-old_331608.jpg

  神戸出身のバンドです。下の「Stay (Want You Mine)」を最近ラジオで聴いて彼等のことを知ったのですが、いや〜大好きですねこの曲。ニュージャック・スウィングをファンクで味付けした感じや、メロウR&Bの甘さもありつつAORっぽさもあるバランス感覚がツボで、最近ずっと聴いています。英国のThe 1975、もっと遡るならばボビー・ブラウンにホール&オーツ、プリンスまで参照点として挙げられそうですが、こういったロックとR&Bの中間を行った感じはSuchmosともリンクしますし、うまいこと気流に乗ってくれたら嬉しいです。

 

 

 

4. D.A.N.

http://natalie.mu/media/1609/0930/extra/news_header_dan_art201609.jpg

 昨年の僕のベスト・ソングの1位に選ばせてもらったD.A.N.ですが、今年も引き続き注目しています。

yamage1988.hatenablog.com

 昨年末に発表されたニュー・シングル「SSWB」がまた良かったんですよね。この手の音が一般層まで浸透するかは謎ですが、シティポップの次にあるのは、こういうミニマルで洗練された音だったり、ロックとクラブミュージックのクロスオーヴァ―だったりする気がするので(感覚的に言っていますが)、もっと評価されてほしいし、何かの拍子で大衆に認知されたら・・・なんて期待を込めて応援しています。

 

 

 

5. yahyel

https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/50135/cb052e3cb0978fadd25bda249a6022d0_0fb832c0d2ae774a0a5bb33b173daae0.jpg?width=628

 今年注目しているメディアも多いみたいですね。これでヤイエルと読みます。2015年結成の5人組。海外のトレンドを見据え、アンビエントR&Bやトラップを意識したハイセンスな楽曲が耳を引きます。はじめて聴いたとき「え、本当に日本人?」って驚きました。昨年は欧州ツアーも成功させているようで、海外での展開も気になるところ。昨年末に1stアルバムをリリースしたばかり。

 

 

 

6. 向井太一

http://www.toysfactory.co.jp/artist_images/006513_aRbBlYx9PpUf2vQEEP1XHa9e7maJSR.jpg

 1992年生まれのシンガー・ソングライター。僕はかなり期待しています。オルタナティヴR&Bをベースに、トラップやレゲエを取り入れたりと音楽性が先鋭的かつ多角的ですし、中性的で特徴のある歌声やビジュアルも華があって魅力的。イヤーズ&イヤーズみたいなバンド日本で出てこないかな〜ってここ1、2年思っていたんですが、バンドではないですが案外この人が近いかもしれないです。イヤーズ&イヤーズのオリー・アレキサンダーがインディR&Bに寄ったようなカッコよさを感じます。yahyelやD.A.N.はちょっと取っ付きにくいと思った人でも聴ける柔らかさもあるし、次世代の清水翔太ポジションを狙えるかも。

 

 

 

7. CICADA

http://asbs.jp/mgr/ckfinder/userfiles/images/NEW_A-sya.jpg

 シケイダと読みます。昨年GOMESSとのコラボ企画曲「City Lights」(せっかく良い曲なのに今のところ公式流通していない・・・)で知って、そのあとライブを観て気になったバンドです。ヒップ・ホップ/トリップ・ホップを90年代J-POP的に、かつバンドサウンドで再解釈したような感じなんですが、楽曲によってベースミュージックだったりシンセポップだったりと表現をガラッと変えてしまう柔軟さ、音楽的レンジの広さが魅力的。

 また、ACOを彷彿させる、紅一点ヴォーカルの城戸あき子の存在感、声質の良さが大きいですね。彼女は昨年の冨田ラボのアルバムにYONCE(Suchmos)やコムアイ(水曜日のカンパネラ)と共に参加していて、そういったバンド外での活動を含め、ボーダーレスなスタンスに可能性を感じています。

 

 

 

8. HOWL BE QUIET

http://tomo-life.com/wp-content/uploads/2016/09/HOWL-BE-QUIET.jpg 

  昨年メジャーデビューを果たしたピアノロックバンド、HOWL BE QUIET(ハウル・ビー・クワイエット)。アニメのタイアップも手伝って徐々に知名度を上げていて、ブレイクするのは時間の問題か。たしかな演奏力に裏打ちされたサウンドを通しつつも、アイドルというフォーマットを使ってポップに振り切っているあたり、The 1975やウォーク・ザ・ムーンなど海外のポップ・バンドに通じるものがあります。日本のバンドカルチャーとは別文脈でこういうバンドが出てきたのは面白い。

 

 

 

 

9. 打首獄門同好会

http://c.okmusic.jp/news_images/images/243364/original.jpg?1405593885

 このバンドは昨年ライブを観る機会があったのですが、(メンバー兼マネジャーのパワポVJ含めて)パフォーマンス力が高くインパクト大で面白かったです。ヤバイTシャツ屋さんもそうですけど、ナンセンスでノリ重視でわかりやすいので、フェスやライブ会場を中心に人気が出そう。

 

 

 

  

10. TORIENA

http://vvrocks.net/wp/wp-content/uploads/2016/06/toriena.jpg

 サウンド(作詞・作曲・編曲)からビジュアル・アート(イラスト・デザイン)まで全てひとりで手掛ける才女。チップチューンという音楽ジャンルをポップシーンで開拓していく活動をされていて、昨年はポップメイカーのYunomiと組んだ「大江戸コントローラー」や、Maltine Recordsからリリースした「解像度 EP」も話題に。ゲームボーイの実機を使ったライブ・パフォーマンスも奇抜で面白い。2月25日には初のワンマン・ライヴを予定しています。

 

 

 

11. UCARY & THE VALENTINE

http://ucary214.com/img/head.jpg

 昨年から気になっている人ですね。下の「NEW DANCE」がエッジィでカッコイイなと思いまして。フローレンス&ザ・マシーンみたいな名前ですが、ソロ・プロジェクトだそうです。昨年はMOP OF HEADのゲストヴォーカルとして「Do It」という楽曲をリリースしていました。音源もまだ少なく、今年はどんな活動をされるのかわかりませんが、密かに応援しています。

 

 

 

12. テンテンコ

http://www.toysfactory.co.jp/artistimage_images/006725_4Dc8JndxlPga3PtWc4hWuxxf4tkQ5V.jpg

 かつてBiSという(ある意味で伝説の)アイドルグループに所属していた人ですね。BiS解散後もソロ活動を続け楽曲をリリースしているのですが、アイドルの枠を超えた強靭さを感じられるものが多くカッコいい。最新曲の「くるま」は、∈Y∋(BOREDOMS)をサウンド・プロデューサーに迎え、ノイズ・インダストリアル・テクノに挑戦しています。新しいアイドル像としてのアイコン性を備えていると思いますし気なる存在です。

 

 

 

13. あいみょん

http://www.mag-img.com/img/biography/75720161005224029.jpg

  1995年の生まれのシンガー・ソングライター。他アーティストへの楽曲提供やインディーズ活動を経て、昨年11月にワーナー・ミュージックよりメジャー・デビュー。ポエトリー混じりの弾き語りがシニカルながらも聴き手に寄り添うような親密さがあって良い。同世代の若者のカリスマになり得るポテンシャルを感じます。

 

 

 

14. BOMI

http://news.music.biglobe.ne.jp/files/51/54/1025/20121025105451_0.jpg

 1987年生まれのポップシンガー。最新アルバムからの「A_B」を聴いて気になりました。いまいちキャラクターを掴みきれていないのですが、実力派だと思いますしセンスの良さを感じますし、いつかのBONNIE PINKみたく何かのきっかけがあれば跳ねるんじゃないかなと思っています。

 

 

 

15. iri

http://www.iriofficial.com/images/img_prof.jpg

 1994年生まれ、神奈川県逗子市在住のシンガー・ソングライター。昨年アルバム『Groove It』でデビュー。アコースティックギターでの弾き語りを得意しつつも、ソウル/R&Bからヒップホップ・マナーの楽曲まで幅広く手掛ける多才ぶり。

 

 

 

16. chelmico

http://file.blog-ocha-club.diskunion.net/tumblr_o1imswOdMD1ubxuamo1_1280.jpg

  2015年にインターネット界隈から現れ、徐々に知名度を上げている女性2人組ラップデュオ、chelmico(チェルミコ)。英語の発音の独特さ含めフロウに、ケロ・ケロ・ボニトに似たクセになる中毒性がありますね。トラックメイカーの人選も含めてセンスを感じます。「テラスハウス」から飛び出してきたような、お洒落でアーバンな女の子像を演じていて、日常に遠すぎず近すぎずな絶妙な世界観が良い。

 

 

 

17. ぼくのりりっくのぼうよみ

http://bokuriri.com/wp/wp-content/themes/bokuriri/img/main_ap.png

 現在大学一年生の18歳のぼくりり君ですが、才能を感じる気になる存在ですね。クラウドファンディングにオウンドメディア「Noars Ark」の公開と面白い動きをしていて、音楽以外の活動も気になるところ。ニュー・アルバム『Noars Ark』は1月25日公開。

http://bokuriri.com/wp/wp-content/uploads/2016/12/bokuriri_noasark_cover_初回_s.jpg

 

 

 

18. SKY-HIGH

http://img.imageimg.net/artist/skyhi/img/profile.jpg

  最近名前をよく耳にしますね。パフォーマンス・グループAAAのメンバー日高光啓のソロ・プロジェクトです。この人のJ-POPの黄金律のようなサウンドに乗せた軽妙なラップの組み合わせって面白くて、昨今のラップブームの流れに乗りつつも、昨年ブレイクした米津玄師や、RADWIMPSのような言葉数多めの語り部ロックに共振するものがあり、フロウで言うと先ほどのぼくりりに通じる独特の臭みがあったりして、参照点が色々なところに存在するんですよね。それだけ広範囲に響きそうなフック力を感じるので、今年さらに多くの人を巻き込んでいくんじゃないかという予感がしています。

 

 

 

19. Creepy Nuts (R-指定&DJ松永)

http://kai-you.net/r/img_words/88353/c688x516/c69f52e931652f4f60a983ecb2454c58.jpg

  R-指定は「フリースタイルダンジョン」に始まったジャパニーズラップ・ブームの火付け役の一人。そんな彼とDJ松永によるユニットCreepy Nutsの新曲「助演男優賞」はかなりポップに寄せた作りで、これはヒップホップやラップに馴染みのない人にも響きそうな、メインストリームに貫通しそうな強度を感じますね。時事ネタをブラックに扱いつつダンスのフリも印象に残るヴィデオも憎いくらいよく出来ています。

 

 

 

20. PUNPEE

https://pbs.twimg.com/profile_images/700642200271519744/lAnQwvz4_400x400.jpg

 最後はこの人。日本のヒップホップ・シーンでは有名なMC/トラックメイカーですね。最近、ゲームソフト「キングダム・ハーツ HD2.8 ファイナルチャプター プロローグ」のテーマソングとして宇多田ヒカルの「光」のリミックスを他掛けたり、STUTSとの「夜を使いはたして」が「テラスハウス」の挿入歌に起用された流れがあり、彼から日本のヒップホップシーンからメインストリームへと躍り出ようとする勢いを感じます。

正直、医者でも研究者でもないので

正確な情報はわからないのですが。

 

また、まだわかっていないことも多いと思われるので

あくまで「そういう可能性がある」という前提で。

 

カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側

スポンサーリンク

ダイエットでやせるために

砂糖は摂らない方がいい。。

 

でも甘いものは食べたい。飲みたい。

 

そんな人の味方と思われるのが

人工甘味料で、ゼロカロリーの食品・飲料によく使われています。

 

 

よく言われるのが「0カロリー」と書いてあっても

実際には本当に「ゼロ」でなくてもそう書けるという話もあり

その意味でも、摂りすぎたら結局太る、というのはわかるかと思います。

 

100gあたり5キロカロリー未満だと、0カロリーと表記可能

 

 

でもそれだけではなくて

実際に身体にわるい影響を与えるという話が。。

 

一部の甘味料は発がん性があるのでは??とも言われていますが

たぶん正確に証明はされていないのかなと思います。

(もし証明されてたら、使用不可になってるはずですよね)

 

わかっていないことが多いんですよねー。

 

 

糖分を摂取すると、体内ではすい臓からインスリンが分泌される

 

インスリンは糖分を脂肪分にかえ、エネルギーとしてとりこむ作用をもつ

 

 

人工甘味料を摂取しても、インスリンが分泌されるらしい。

 

人工甘味料を摂取すると、血糖値のピークが高くなる

インスリンの分泌のピークも20%高くなる

 

 

ということで

ゼロカロリー食品・飲料に含まれる人工甘味料は

インスリンと血糖に影響し

これが身体を疲弊させ、2型糖尿病へ進行する危険性があるとか。

 

 

まあ、何にせよ、摂りすぎは良くないってことですよね。

全く食べてはいけない、っていう類のものでもないかもしれませんが

要は砂糖と同じぐらい気をつけろってことではあると思います。

今日の昼食は、海鮮料理です。

f:id:TOMOYASU:20170712092235j:image

見たこともない料理が出てきました。ビジネスパートナーの方に選んでもらった料理です。

f:id:TOMOYASU:20170712092304j:image

この中には、イカ、白身魚、ナマコの刺身が入っています。その他にも、きゅうり、玉ねぎなどの生野菜が入っています。

f:id:TOMOYASU:20170712092336j:image

そうめんをどんぶりに入れていただきます。

f:id:TOMOYASU:20170712092405j:image

そうめん、イカ、白身魚、ナマコをコチュジャンベースのスープで冷たく美味しくいただきました。ナマコですが、弾力があって、噛めば噛むほど塩味が染みだし、美味しかったです。イカも新鮮で、身が透き通っていました。

韓国の海鮮そうめん、美味しくいただきました。

Télécharger Best Birdwatching Sites: Scottish Highlands de Gordon Hamlett

Extra tags:
- Télécharger livre Best Birdwatching Sites: Scottish Highlands de Gordon Hamlett [PDF] – télécharger ebook
- Télécharger livre Best Birdwatching Sites: Scottish Highlands de Gordon Hamlett [EPUB] – télécharger ebook